粗大ごみと不用品

不用品が出たときは行政と民間どっちに依頼がベスト?

個人と法人での違い

なんでも便利になってきた世の中で、不要品回収の依頼も、電話だけでなくインターネットでできるようになっています。 しかし、これに後れを取っているのが行政のサービス。 品物によっては申し込みリストに入っていない場合も。 結局電話で依頼することになり、二度手間です。

申込みから違います

不用品を回収してもらうのに、民間の回収業者を利用する場合と、粗大ごみとして行政に依頼する場合とがあります。
不用になったものが何かによっても、こちらの事情によっても、利用する場面は違ってきますね。
回収の際に何を優先するのかを考えて依頼することが多いと思います。
一方、回収する側からみると、行政サービスの一環と商売とで、目的が全く違います。
従って、申し込みから回収、費用に至るまで差があるのは当然のことです。
ここでちょっと気を付けたいのが、これらは基本個人が依頼する場合の話であること。
会社が不用品を回収してもらう場合は、全く違ってきます。
企業が毎日活動するうえで出てくるゴミについては、一般ごみと産業廃棄物などに分けられます。
不要品として回収してもらうものは、主に一般廃棄物か産業廃棄物かのどちらか。
オフィスで使用する机やロッカー、個人でも使用する家具など、その分類には細かい取り決めがあります。
民間業者に回収を依頼する場合、そういった仕分けをしなくても引き取ってくれますから便利です。
また、移転や廃業などでオフィス自体を閉鎖するなどの場合、清掃してくれる業者もあります。
産業廃棄物は、処理する際有毒なガスが発生したりするものなど、特殊なものです。
事業内容に応じて、一般家庭では発生しない品物もありますから、申し込みの際にはよく確認する必要があります。
このように、回収の依頼一つとっても結構面倒です。
ケースバイケースなので、企業として依頼する場合は都度確認をしたほうが安心です。

ここでは個人が依頼するケースを見ていきますが、行政と民間ではどちらにお願いすればいいのでしょうか。
手続きでも費用面でも、負担のない方法を選びましょう。

当日が決定的に違う

行政と民間業者では、回収日当日のこちらの対応が違います。 それは、引取ってもらう際に立ち会うかどうかです。 これにはそれぞれ、利点と欠点があります。 気を付けなければいけないことも違ってきますので、ホームページや担当者にしっかりと確認することが大切です。

気になるのは費用の事

回収してもらうのにかかる費用は、当然安いほうがいいですよね。 ここには行政と民間業者では圧倒的な差がありますが、やってもらえることと合わせて考えたほうが、結果的に得することもあります。 回収品に応じて、費用対効果を考えて決めることがベストです。

TOPへ戻る