粗大ごみと不用品

不用品が出たときは行政と民間どっちに依頼がベスト?

気になるのは費用の事

行政はとにかく安い

一番気になる費用についてですが、これは行政のほうが安いです。
商売として回収しているわけではないので、純粋に処分費用として徴収しているからでしょうか。
支払いも粗大ごみシールを採用しているところは、シールの購入が支払いになります。
シールは役所の他コンビニなどで取り扱っていますから、支払いはそれらの場所になります。
忙しいときにわざわざ支払いに赴く必要がないので助かりますね。
粗大ゴミシールを採用していないところは、銀行窓口などで支払います。
回収時に支払票が渡され期限までに支払う、といった手続きです。
行政を利用する際の注意点としては、家電リサイクル法で定められている品は引取り不可、という事です。
冷蔵庫や洗濯機などの白物家電は、ほとんど対象外になります。
これらは家電量販店に引き取ってもらい、その費用も行政よりも高くつきます。

便利な代わりに高くなる

なんでも引き取ってくれるのが民間の回収業者ですから、行政では対応していないものもお願いできます。
粗大ごみじゃないものも引き取ってくれますから、分別する必要もないわけです。
行政と違って、それらを引き取ることを事業としていますから、当然ですが、行政より処分費用は高くなります。
なお、引取った不用品については、状態によってリサイクルショップに売ったり、解体してそれぞれの資材をリサイクルしたりして、再利用できる道を探してくれます。
行政は処分を主とするようですが、回収業者は売れるものは売って、その分利ザヤを稼ぐようになっています。
手っ取り早く引き取ってもらいたいのなら民間の回収業者に依頼するほうがいいですし、費用を抑えたいのなら行政に依頼する、というように、状況に応じて使い分けるのが賢い利用法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る