粗大ごみと不用品

不用品が出たときは行政と民間どっちに依頼がベスト?

当日が決定的に違う

機械的な回収

では、実際の回収についてはどうでしょうか。
行政の回収作業は、わざわざ自宅を訪問して回収するわけではありません。
指定された日時に、指定場所にあらかじめ回収する品を置いておき、回収トラックが来て運んでいく、という流れです。
回収時に在宅している必要がないため便利ですが、大きくて重いものなども回収場所に運ばなければいけないため、重労働です。
その上、指定場所に物がなければ回収されず、また一から申し込みし直すことになります。
また、回収する品にいわゆる「粗大ゴミシール」を貼って、そこに申込者の氏名を記入することが多く、個人の名前を屋外に晒すわけですから、抵抗がある人も少なくないでしょう。
昔からあまり変わっていない方法ですから、時代の流れとともに、回収方法にも工夫が必要になっていると感じますね。

面倒なことはお任せ

行政と違って民間業者は、自宅まで取りに来てくれるため、事前に運び出す必要もなく手軽です。
見積もり時にお願いした品以外に、急にお願いすることも、場合によっては可能です。
このあたりの融通は、行政よりもききますね。
ただ、依頼の項目にもあるとおり、優良業者でない場合もあります。
引取り時に強引に引取ろうとしたり、何かと理由をつけて見積もりよりも高い値段を吹っかけてくることもあるようですから、よくよく注意が必要です。
こういった業者は、回収した不用品も適正に扱わないことがあります。
買取ってもらった後は、あまり気にしないと思いますが、不法投棄などのトラブルに巻き込まれることも。
勿論、きちんとした業者もありますので、信頼できる業者を探しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る